ソフレ募集体験談

ソフレ募集した女性の体験談

ソフレ募集体験談女性編ソフレを持ったことがない人にとっては、実際の感じというものが分かりません。そこで、実際にソフレ募集した女性たちの体験談をまとめました。彼女たちのナマの声を参考に、添い寝フレンドに対する理解を深めていきましょう。

処女の私がソフレ募集サイトで募集したら(24歳 OL)

私がソフレを募集したのは、就職してから何かとストレスが溜まり、寂しい夜が続いていた時でした。寂しさを埋めてくれる相手が欲しいとは思っていましたが、過去に男性にだまされたことがあり、恋人を作ることがイヤでした。

ある時、インターネットで添い寝フレンドという存在を知ります。これこそ私にピッタリだと思い、すぐさま募集サイトに投稿。ほとんど間を空けずに恋愛に無頓着な草食系の男性をゲットしました。

寝る時にただ会話をしたり、くっつき合ったりするだけでどこか満たされる気がします。ソフレは煩わしさもないため本当に良いアイディアだと思っています。その時出会った彼とは、今も一線を超えることなく良い仲を保っています。

婚活女子のソフレからの結婚大作戦(32歳 コラムニスト)

私は草食系男子が好みで、いわゆる肉食系と呼ばれるタイプです。ある時ネットサーフィンをしていたら、「そのような男性をゲットするならソフレが良い」という口コミを見つけました。

「変な関係だな」と思いつつも、それで出会えるなら利用しない手はありませんでした。実際に募集して、すぐにあこがれの草食系男子をゲット。順調にことが進んでいたため、「ベッドの上で誘惑すればノッて来るだろう」なんて考えていました。

しかし、いざその時になるとすんなり断られてしまいます。半ば逆ギレ気味に「どうして」と聞くと、その男性はすでに結婚していたとのことでした。そこで、私が求めていることは本当に違っていたことを痛感。ソフレは本当にそれだけの関係なんだということが分かりました。

友達関係からソフレになっちゃった (27歳 保育士)

保育士である私はいつも子供の世話をしているのですが、「自分も優しくあやされながら寝たいなぁ」なんて思ってしまうことが困りものでした。添い寝フレンドという関係のことは知っており前から出会い系サイトを使っていたのですが、どうしても「この人だ」という相手が見つかりませんでした。

そこで大学のサークルでいっしょだった男友達に酒の勢いで相談してみると、「それじゃあ俺が添い寝しようか?」と冗談交じりの返答が。意外にも、それがソフレをゲットするきっかけになりました。このチャンスを逃すまいとすぐさま「うん」と即答しました。

今では、相談した彼とは飲み友、兼添い寝フレンドの関係です。お互いよく見知った仲のためか、夜寝る時も安心できます。

ソフレにハマった私は幸せなのか?(29歳 医療事務)

私は仕事が忙しくてなかなか男性との仲が続きません。それでも夜は寂しいもの、どうにかして誰かと出会えないと思っていた時に知ったものがソフレでした。物は試しとさっそく募集をして、あっさり男性をゲットできました。

最初は「面白そうだな」という興味から始めたものですが、いっしょに寝るということは思ったよりもやみつきになってしまうものでした。相手の都合が悪くて添い寝してもらえない日はビックリするぐらい眠れなくなってしまいました。

私は寝る時は絶対に誰かが必要だと思い、ソフレを増やします。2人目、3人目と順調に増えていき、今では毎日のように誰かといっしょに寝られるようになりました。

しかし、それでも私は「恋人」と呼べる相手がいません。そろそろ結婚を考えなければいけない年齢なのに、心のどこかで「このままで良いかな」と諦めてしまっていることにも焦りを覚えています。