ソフレ豆知識

科学的根拠に基づく「ソフレ」の意義

ソフレと科学的根拠異性と添い寝をするだけの関係を築くソフレ。実は単に流行なだけではなく、科学的にもその有用性が実証されているようです。

添い寝はストレスホルモンであるコルチゾールの減少効果がアリ

ソフレが良いとされている理由が、「異性と同じベッドで寝る」ということです。このことによって、抱擁ホルモン、癒しホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」が増加します。これがストレスホルモンである「コルチゾール」を減少させる働きがあると言われています。

コルチゾールは代謝や免疫に関わる大切な体内成分とされています。しかし、増えすぎると風邪を引きやすくなったり、夜眠りにくくなったり、肥満になったりと悪いことばかりです。

このホルモンを減らすためにはレモンに多く含まれているビタミンCや、カツオやサンマなどに含まれているオメガ3脂肪酸などを摂取するほか、日光を浴びるハーブティーを飲むなどが良いとされています。そうは言っても、仕事で忙しい人にとってはこのような生活習慣を変えることは難しいものです。

そこで有効な選択肢の1つとして挙げられるものが異性と寝ることです。添い寝フレンドを作る理由として「いっしょに寝る安心感を求めている」ということが多いですが、それはけっしてなんとなくではなく、科学的に根拠があるものでした。実は、ニューヨークでは「添い寝セラピー」という新しいビジネスまで発展しているようです。

異性といっしょに寝るということは体内のストレスホルモンを減らし、ぐっすり安眠できるというメリットがあります。いつも眠れない、日中イライラしているという方はソフレ募集してみてはいかがでしょうか?シャキッと起きられるようになり、快活な毎日が送れるようになるかもしれません。

ソフレ・キスフレ探しならこちら♪
ワクワクメール

2001年の創業から安全・安心な出会いを実現しています。600万人以上の会員がいるのでもちろんソフレ探しにもピッタリ!
まずは、無料お試しから素敵な相手を探してみてください。

ワクワクメールを見てみる