山梨のソフレ
信玄公祭りや吉田の火祭などイベント行事も多いことから、全国から意外と集まる場所であるのが山梨です。
富士急ハイランドという人気娯楽施設もあります。
また静岡に奪われてしまうことも多いですが、ここ山梨でも富士山は名所のひとつです。
この地で添い寝フレンドであるソフレを見つけるための手段を知っておきましょう。

山梨の県民性にソフレゲットの秘訣がある

男性は真面目で努力家が多く、義理人情に厚い傾向があります。
ただし協調性がないと指摘されることもあり、わがままな一面も持っています。

女性は数々のミスコンでランクインするほど美人を輩出している県であり、綺麗な人が多いです。
その一面として見られるのが、流行を取り入れるのが早いこと。ミーハーであるのも山梨の女性が持つ県民性のひとつになっています。

山梨の県民性である男性が持つ協調性、そして女性が持つミーハーな部分に着目をすることによって、添い寝フレンドを作るための効果的なアプローチ方法に気付くことができるでしょう。

ソフレへのアプローチ方法は山梨の県民性にヒントが隠されている

ソフレとは、恋人がほしくないけれど異性がそばにいてほしい、でも男女の関係になりたくないといった寂しさを紛らわせる手段になります。
多くは男性よりも女性が持ちたがる傾向があります。

女性が山梨の男性へアプローチをする場合、協調性について頭のなかに入れておくことをおすすめします。
「添い寝をしてほしい」と女性から言われれば、よほどのことがない限り断ることがないのが男性。
しかも山梨の男性は義理人情が厚いことから、ソフレになるのはそう難しくないでしょう。

しかし協調性が足りない部分もあることから、ソフレの大前提である「手を出さない」契約が一気に破られる可能性も。
ソフレではなくセフレに変わるリスクもあります。
よって信頼できる男性を求めるのがスタートです。

男性が女性を誘うのであれば、ミーハーな部分に着目をすると良いでしょう。
新しい異性間の交流方法になるのがソフレです。
添い寝をすることによって寂しさを紛らわすことができ、恋人や男女の関係にならないといったメリットを強く協調をすることによって、揺れ動く山梨女性も多いはず。
恋人がいない、つい最近別れたばかりなど体験を持つ女性は、ぐらりとすることが多いでしょう。
その時はストレートに伝えることをおすすめします。

山梨の人はこんな風にソフレを楽しむ

男性は義理人情が厚いことから、鉄則のソフレルールを守ることができる男性であれば、女性の添い寝をして安心感を得るというメリットにとことん付き合ってくれる可能性が高いです。
ただしあくまでもルールを守れる男性に限ります。
協調性が乱れてしまった場合、そのままセフレに変わってしまう可能性については、十分警戒しておくべきです。

女性はソフレが持つメリットを堪能することが多くなります。
ミーハーな部分を持ち合わせる県民性が黙っていないはずです。
新しい異性間のかたちであり、面倒な部分を排除した関係になることから、この関係を楽しむことができるでしょう。
ただ一緒に寝ることによって、恋愛感情に発展してしまうことが多いのも女性です。

自覚した協調性のなさ

山梨の男子である自分は、協調性のなさを自覚してしまったソフレ体験談があります。
一緒に寝ようと誘ったとき、相手の方はこちらがなにもしないということを強調していました。
もちろん守るつもりでありましたが、男女が一緒に寝るということは、イレギュラーなことが起きることを、どうしても期待してしまいます。

何度かの夜をソフレとして重ねながら、どこまでOKであるのかを確認する日々。
ハグくらいはなんてことありませんが、タッチできるのは背中くらいなもの。
胸やお尻に触ろうとするものなら、明らかな拒否反応が見られます。
もう男性としての理性が崩壊してしまいそうなくらい、ソフレを女として見ている自分が居ました。

襲ってしまうことになりましたが、相手の反抗に遭い、当然断念。そのまま彼女は帰ってしまいました。
最悪な関係の打ち切りでソフレの関係は終了です。
明らかにこちらに性的な欲求があったのが問題になるのでしょう。

彼女はそれなりに添い寝を楽しんでいる傾向がみられ、こちらも安堵感を得られる感覚が気に入ってしまいましたが、男性特有の「ヤレそう」な感覚がその関係を壊すことになってしまいました。

敗因はすべて自分にあると感じています。
男性の性欲がなければ、うまく続ける関係が築けるような気がしますが、どうやら自分には無理なようです。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。