山口でソフレ
岩国城などありますが、それほど娯楽施設で呼び込めるほどの観光スポットがありません。
しかし秋吉台や秋芳洞など修学旅行で訪れた人も多いでしょう。
そのような地から懐かしさを感じることができるのが山口です。
この県でのソフレの見つけ方について説明をしています。

山口の県民性を知ることがソフレに繋がる

保守的で体裁を気にすることが多いのが山口です。
消極的とも言われますが、目立ちたがり屋も多く柔軟性に富んでいます。
それは総理大臣を多く輩出した県であることから理解できるでしょう。

山口の女性は外見が派手になることもありますが、内面はしっかりしています。
どちらかというと、男性に尽くすタイプが多いです。

このような男女別の県民性こそ、添い寝フレンドを作るときに大きな効果をもたらすことがあります。
なかなかソフレを作れない人ほど、県民性に注目をするのは、間違いではありません。

山口県民のソフレ攻略方法

保守的で体裁を保つことが多いのが男性ですので、一時的な男女の関係、しかもただ一緒に寝るだけの相手になることに違和感を持つ人も多いでしょう。
よって女性は山口の男性をソフレとして持つのが難しいこともあります。
ただしソフレの延長線上に恋愛、もしくは体の関係を許す余地があるのであればうまくいくことも。

ただしすべての山口の男性が保守的ではありません。
ソフレに対しての認識を男性側が持っていれば、うまくいくことも考えられます。
そのときはストレートに伝えてあげましょう。

男性が山口の女性をソフレにするときは、尽くす点に着目をしてください。
主にソフレの関係を維持するのは、男性の性への葛藤の処理がうまくいったときになりますので、絶対に手を出さないというルールさえ守ることができる男性であれば、スムーズにソフレをゲットすることができるはずです。
むしろ問題は男性側にありますので、それを厳守することができ、自分を許容してくれる山口の女性を見つけることができれば期待を持つことができるでしょう。

男女共通して消極的な県民性であることから、ストレートに伝えなければ、相手に伝わらないことも多いです。
だからこそ、誘う時ははっきりとストレートに行くのも効果的になるでしょう。

ソフレになれば山口の人はこんな風に楽しむ

なかなかソフレという関係を受け入れない男性も多いのが山口の特徴ですが、仮にその関係を受諾することになれば、長く続く可能性もあります。
体裁を気にする面を持ちつつ、女性が求めていることに寛容的になることができるのも山口男性の特徴です。
数々の政治家を輩出し総理大臣も多いことから、臨機応変といった柔軟さが期間の長さを保証してくれるかもしれません。

女性は男性に尽くすことが多いことから、ソフレになってしまえば、男性が要求する添い寝について徹底して受け入れてくれることが多いでしょう。
しかし尽くし過ぎてしまうのも、デメリットになってしまうことがあります。
男性が性欲に駆られたとき、そのまま拒否することができずに、受け入れてしまうことも。
これは山口の女性だけに限らず、ソフレを求めている全国の女性に共通して言えることですので、この点についてはしっかりとリスクについて理解しておきましょう。

草食系男子と一緒に寂しさを紛らわす|山口でのソフレ体験談

保守的とも言われる山口の県民性を持つ男子と、ソフレの関係になりました。
最初は友達の紹介で知り合うようになり、一緒に行動することになってから、互いの部屋へ行き来するようになりました。
どちらとも恋愛感情を持っていないことが、ソフレとしての素質を持っていたことになるでしょう。

また草食男子であることから、性に対してガツガツしていないのもはっきりとしていましたので、安心して添い寝ができる存在でした。

草食なのに腕枕をされると、男性らしさを感じることも。
こんな状況になると、きゅんきゅんしてしまうのもソフレの良さです。
ちょうど誰かを好きになるようなことに面倒だと感じ始めており、性に関しては自分でもなんとかコントロールすることができていました。
しかしそれでも、そばに男性が都合良くいてほしい時期でした。
そんなわたしだからこそ、草食系であり、性に関心が薄い山口男子は、絶好のセフレの対象でした。

友人の話を聞くと、添い寝をしてから手を出されてそのまま関係を持つことを耳にしていますので、わたしは運が良かったと思います。
やはりソフレというのは、男性がルールを厳守してくれることに意味があるものだと感じます。
わたしのソフレが聞き分けの良い草食男子の彼で良かったです。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。