山形でソフレ
娯楽施設または観光スポットが少ないように見受けられるのが山形の特徴ですが、有数の温泉地があり、上杉謙信を祀った上杉神社などの歴史的建造物も多い土地です。
またラーメンが有名であり、酒井や米沢などラーメン通をうならせるラーメン県です。
そんな山形でソフレを作るときに役に立つ知識があります。

ソフレを作る前に山形の県民性に着目をする

山形の男性は結果がすべてになりますので、ひとつの目標に向けてコツコツと励む特徴を持っています。
女性の方はというと、男らしい一面を垣間見ることもできますが、意外と乙女な部分を持っています。
外見はおとなしそうに見える人が多いことから、男性から一夜限りの関係を求められるようなことも多いですが、意外としっかりしていますので、苦い思い出に変わってしまうことも。

山形県民の共通した特徴として口数が少ないこと。
だから添い寝フレンドを求めているのであれば、ストレートに伝えるようにしましょう。
そんな関係を望んでいることを遠回しに伝えるよりも、ストレートの方が理解しやすく、そのまますんなりとソフレの関係になってしまうことが多いです。

その県民性からわかる山形県民のソフレ攻略方法

山形県民の攻略は、ストレートに伝えることが前提としてあります。
それをベースとした山形県民を対象にしたソフレの誘い方をしましょう。

添い寝フレンドというのは、絶対に一線を越えてはいけない関係であることをまず理解しましょう。
これも前提として頭に入れておくべきです。
そこから山形の県民性をうまく利用して、ソフレに誘えるポイントがあります。

圧倒的に添い寝フレンドを求めているのは女性であることが多いですが、山形の男性を誘うとき困難になることも。
結果がすべてといった県民性を持っているのが山形の男性ですので、友人以上恋人未満といった関係を好ましく感じない人も多いです。
「それ以上の関係があるなら添い寝をしても良い」といった男性が多いことが予想されます。
中途半端にソフレとして添い寝をしていると、そのまま襲われてしまうようなこともありますので注意しておきましょう。

男性が女性を誘うときにも注意が必要です。
「ヤレそう」な女の子というのは居るもので、山形の女性は外見のおとなしさからそうみられることも多いです。
よってどんなに「添い寝だけだ」と主張しても警戒されることも。

おとなしさや男らしさといった矛盾した一面を持っている山形の女性ですが、内面は乙女ですのでソフレといった中途半端な関係に妥協することができない人が多いことも予想されます。
男女揃って攻略が難しいのが山形の特徴です。

山形の人がソフレになるとこんな風になる

山形の男性をソフレにすると、そのまま一線を越えてしまうことが予想されます。
結果がすべてですので、「付き合うのか?付き合わないのか?」という答えに迫られてしまい、結局体を許すことになることも多いのが女性です。

誘うときに攻略が難しいと予想されるのは山形の女性ですが、うまく運ぶことができたのであれば、そのまま長続きするようなことも。
内面は乙女ですので、そのドキドキした関係を楽しむ山形の女性も多いと、想像することができます。

山形の女性を甘く見ていた|ソフレ体験談

山形の県民性を山形出身である女の子から聞くと、「男らしい」とかえってきます。
「そんなはずないだろう」と思っていました。
目の前にいるのはおとなしそうで、そして抱き心地が良さそうな東北女子。
いかにも「ヤレそう」な雰囲気を持っていました。

とりあえずソフレから始めて、その後セフレにもっていければ…。こんな都合が良い計画を立てていましたが、一瞬にして崩壊してしまいました。あまりにも山形の女性をなめているのが敗因です。

男らしさというのは外面ではありません。それは内面に現われるのを感じたのが、その山形出身の女の子でした。「添い寝なんてできない」の一点張りで、そんな関係になる人はそう簡単に決められそうにないようです。

ただ相手も寂しかったのでしょう。信頼関係を築いていくうちに、その子と添い寝ができるチャンスが!
軽くハグしたりしました。
東北女子特有の柔肌を感じ、抱き心地が良いことから、手を出したくなります。
そっと体を抱き寄せると、明らかな拒否反応がありました。

どんなに心を許したとしても「一戦は絶対に超えさせない」もはや死守する意気込みを感じた山形女子とのソフレ体験でした。
ひとつ言えるのは、おとなしい女の子が隣で寝てくれると安心でき、甘い香りを感じられるメリットがあるのは間違いありません。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。