滋賀でソフレ
琵琶湖があることから自然豊かな県が滋賀のように見受けられますが、寺社仏閣も多いことから観光客が途絶えることがありません。
延暦寺は特に知られているお寺です。
忍者発祥の地であるのが甲賀であり、最近はSNSを通じて外国人にも人気の観光地になりつつあります。
そんな滋賀県でソフレを見つけるときに必要な知識について説明をしましょう。

県民性を知ることがソフレゲットに繋がる

大人しいで片づけることができるのが滋賀の県民性とよく言われています。
男性は勤勉で思慮深い特徴を持ち、女性は大人しすぎるほどですが、しっかりしている人も多く外見とのギャップが出るようなことも。
このような県民性も添い寝フレンドであるソフレを作るときに役立つことがあります。
大人しいからこそ付け入る隙があると言っても過言ではありません。

滋賀の人はこんな風にアプローチを掛けると効果的

男性が滋賀の女性をソフレに誘うときは、少々強引でも構いません。
ただそのときは「絶対に一線を越えない」ことを誓う必要があります。
本来女性の方から「絶対に変なことしない?」といった同意を求められることが多いですが、滋賀のおとなしい女性の性格上からそのような言葉が出ないことも。
ソフレを純粋に楽しみたいのであれば、必ず一線を超えないことを滋賀の女性に誓うことが大前提です。
ソフレの概念としても必要な誓いになることを男性は理解しましょう。

女性が誘う場合は、慎重に行うべきです。
滋賀の男性が持つ県民性のなかに思慮深いというものがあります。
これが大きなネックになることも。
添い寝を誘われたというのは、そういう好意を持たれていると勘違いされる可能性があります。

たとえ一線を越えないとしても、そのような感情を一方的に持たれてしまうのも、ソフレとしての概念が崩されることになることを理解しなければいけません。

ソフレを利用した出会いに期待もできる

互いに大人しいのが滋賀の男女共通した県民性になっていますので、とりあえずソフレから始めて恋愛関係に持ち込むような打算的な計画を打ち出すこともできるでしょう。
本来のソフレとしての考え方として逸れますが、男女が一緒に寝ることで起きるイレギュラーに希望を持ち、計画的に持ち込める有効的な落とし方戦略となるはずです。

滋賀の人はソフレになるとこんな特徴を持つ

男性がソフレになると、先程指摘したように勘違いされる可能性があります。
思慮深いというのは、純粋に楽しむことを放棄してしまう可能性もある才能です。
ソフレのメリットを楽しむ女性を幻滅させてしまうことも考えられますので、注意しておきましょう。

女性はおとなしいことから、相手のソフレに対する認識がしっかりしていれば、純粋にその関係を楽しむことができるでしょう。
ほとんどソフレの関係解消がされる原因になるのが、一線を越えてセフレになること、もしくはどちらかに好きな人もしくは恋人ができることです。
その原因が訪れるまでは、男性の理解があれば純粋に楽しむことができるのが滋賀の女性が持つ特徴になるでしょう。

どちらにしても大人しい県民性を持っていることから、ソフレまで持ち込むことができれば、他の都道府県の県民性と比べると、ソフレ最大の懸念である一線を超える出来事は少ないと見積ることができます。

滋賀で経験したソフレの体験談

いろんな男の子とソフレの体験をしました。
代わるがわる違った男の子と添い寝ができるというのは、貞操観念を疑われそうな予感がしますが、けっしてエッチをするような関係ではありません。

そりゃ何度か危ないようなこともありました。抱き寄せられる、胸を触られるようなこともありましたが、拒否をすることでそれ以上は進みません。
ソフレとしての経験が多いからこそ言えることですが、一線を越えそうになったときこちらの反応をしっかりと勘違いすることなく受け止めてくれる男子こそ、ソフレとしての素質があると感じます。

拒否に対してやめないような男子はソフレとしては失格。
そのような動向は最初の添い寝のときに感じることができます。
それによって長く続くソフレであるのかを判断できました。

特に寂しい夜、ひとりで寝ないといけないのはとてもつらいことです。
そんなときにソフレがひとりでもいたら、やっぱり安心して寝ることができます。
そんな相手を数人も確保していることで、わたしの夜は確実に満たされていました。
まったく性的に魅力を感じない男の子を選ぶことも大切な判断基準だと、今になってそう思います。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。