札幌や千歳市でソフレ
大通公園といえばさっぽろ雪まつりが有名ですが、なにも見どころは冬だけではありません。
四季を通していろんな顔を魅せますので、札幌観光では欠かせません。
モエレ沼公園でレンタルサイクルを借りて季節を感じるのもおすすめなプランです。
札幌もしくは千歳市で添い寝フレンドであるソフレを作るときに役立つ情報があります。

札幌市や千歳市でソフレを作るには道民性を頭に入れること

セフレよりもハードルが低くはなりますが、そう信頼できない人と添い寝をすることは、特に女性は警戒をしますので、誰でも良いわけではありません。
特に女性がソフレを求めていることが多いですが、対象となる男性は限られてきます。
そのひとつになるのが、ソフレの徹底されたルールである「絶対に手を出さないこと」。
これが前提としてありますので、それを誓ってくれる男性を見つけることが必要です。

男性も添い寝をしてくれる女性を求めたい気持ちもあるでしょうが、手を出さないことを自ら女性に信頼してもらう必要があります。
ここがスタート地点です。

そこでスタートを切るために必要になるのが道民性。
開拓精神が根付いており、芯を持っている人が多いのが特徴です。
男性も精神的な強さを持っている人が多いですが、女好きでもあります。
女性は色白で綺麗な人が多く、一見おしとやかに見えることもありますが、内面はしっかりものが多く、物怖じすることがありません。
ただ男女共通して恋愛に対して言えることは熱しやすく冷めやすい。
このような道民性はソフレを作る際にも利用することができます。

札幌や千歳市の人はこんな風にソフレに誘おう

男女別の道民性、そして「熱しやすく冷めやすい」はソフレを作るときにも貢献をします。
女性が男性を誘うときに全国どこでも必要になるのが、セフレにならない男性を探すこと。
ここは重要視してください。
あとはヘッドに自ら潜り込んだりして、相手の反応を見てください。
下心がなければ適正合格です。

男性が札幌や千歳市の女性をソフレとして口説くとき必要になるのは、物怖じしないことです。
綺麗な人が多いことから、ソフレなんて求めていないと考えている男性も多いですが、けっしてそんなことはありません。
綺麗でかわいい女性でも彼氏ができず、添い寝フレンドくらいの関係なら欲しいという人もいますので、積極的に誘ってみましょう。
意外とミーハーな部分もありますので、下心さえ出さなければ、意外とうまくいくことも多いです。

北海道民がソフレになると起こり得ること

熱しやすく冷めやすいのが恋愛に対する道民性の特徴であり、ただ添い寝をするドライな関係になることから、男女ともに受け入れやすい傾向があるのが北海道です。
それは札幌や千歳市でも変わることはありません。
男性はその状況を楽しむことができ、自ら手を出さなければソフレの関係を堪能することができるでしょう。

女性の方は見た目よりも芯が強いことから、どんなに男性からソフレ以外の関係を望まれたとしても、その一線を越える覚悟がなければ流されることはほとんどありません。
よって男性がワンチャンスあると見込んで、札幌や千歳市の女性をソフレに誘うのは、時間の無駄になってしまうことも多いです。
深い関係を求めるとなると攻略が難しいのが道民女性の特徴でもあります。

寒い札幌の夜にソフレは必須|北海道のソフレ体験談

一度体験してしまえば、やみつきになってしまいます。
恋人になってしまえば、他の女と遊んでいたり気になってしまい、監視体制をとるようなことになりますが、ソフレはそんなことはありません。
どこで何をしていようが構いません。
エッチな関係になってしまうと、男性の要求にもこたえないといけませんので面倒です。
恋人になることが面倒に感じている時期でしたので、ソフレという状況がわたしにとってはベストチョイスになりました。

男性がそばにいて、話しながら眠りに付くことができるというのは、やはり安心します。
特に札幌の冬は寒く、お布団も冷たい。
そばに男性がいるだけで暖かくなりますし、会話をしながら眠りにつけるというのは安心感があります。
しかも力強さを感じる腕枕があれば、それだけで包まれてしまいます。

幸い相手も同じ環境を望んでいましたので、添い寝フレンドとして互いに都合よく利用をしていました。
もちろんエッチな関係になることもありません。
サバサパとした関係でした。以前セフレの経験がありますが、それと違って感情が揺れ動くことが少ないですので、うまくコントロールして楽しむことができてきます。
この点にこそ、ソフレのメリットを感じ取ることができました。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。