長崎でソフレ
ハウステンボスやグラバー園などの観光スポットが有名です。
長崎市だけでは数多くの観光スポットがありますので、観光都市として楽しむことができるでしょう。
そんな長崎で添い寝フレンドであるソフレを作ろうと考えている方が、参考にしてほしいことがあります。

長崎の県民性はソフレと密接な関係がある

新しいことが好きな県民性が長崎の特徴です。
歴史からもそれをうかがえるように、新しいものに目がないことから、この部分にこそソフレに使うことができるでしょう。

セフレとは違い、後ろめたい気持ちを持たない、恋人のように面倒なことがなく、異性と一緒に寝ることで寂しさを紛らわすことができるのが添い寝フレンドですので、いまは恋愛したくない、でも異性との関わりは持っておきたいけれど、セフレのような関係にはなりたくない人にこそおすすめできます。

長崎の男性はおっとりしているタイプが多い反面、女性は包容力があり、細かいことは気に掛けない特徴を持っています。
包容力こそ武器になるのがソフレですので、長崎の女性こそ、良質なソフレの対象として見ることができるでしょう。
しかも長崎の男性はおっとりしていることから、同県同士のパートナーとしても相性が良いことがわかります。

こんな風に長崎の人を誘ってみよう

女性が添い寝フレンドを求めることが多いですので、男性に対して誘うときは、寂しい男性を見つけると良いです。
ただし一緒に寝る相手ですので、ある程度自分で許容できる男性を探しましょう。

あとひとつ重要なこととして、信頼は必要です。
絶対にセックスをすることがない男性を選ぶ必要があります。
ソフレを続けるのであれば、絶対に欠かせない条件です。

男性が女性を誘うときは、ストレートに持ち掛けるのも良いかも。
包容力があることから寂しさを打ち明ければ、長崎の女性が持つ県民性の包容力で包んでくれる可能性が高いです。
ただし絶対に手を出さないことは、相手に明言しておきましょう。

それと同時にイレギュラーなことが起きても、自分の理性をコントロールできる力が求められます。
男性にとってソフレというのは、一触即発のリスクを持っていることを理解しておかなければ、この関係は成立しません。

ソフレの関係になってしまえば長崎の人はこんな風になる

性欲をコントロールして女性が持つ柔らかさを感じながら眠りにつける点にメリットを見つけることができる長崎の男性であれば、楽しむことができるはずです。
全国すべての男性にいえますが、手を出さなければそれなりに長く続くことが多いです。

女性は包容力によって男性を包み込んでくれます。
それと同時に母性本能をくすぐられ、それに気持ちよくなることもあるでしょう。
自らが献身的になっていることに気持ちよさを感じることができるような性格を持っている長崎の女性であれば、ソフレというメリットを思う存分生かすことができるはずです。
県民性がそれを後押ししてくれるでしょう。

最大の懸念は、男女が一緒ことによって起きることとして女性は恋愛感情を持ってしまうことです。
しかしソフレの意味を理解しているのであれば、その可能性は長崎の女性は少ないとみることができます。
目的は包容力を示すことですので、恋愛感情に発展することは少ないでしょう。

すんなりいったソフレと長く続く関係

ある日、長崎の女友達と一緒に寝たことによって、自然とソフレの関係になりました。
インターネットの記事に、「添い寝する友達を作る人が急増している」ことを見つけたとき、二人で顔を見合わせて「俺たちと同じような関係を持つ人がいるんだ」と驚きました。
それと同時に、特異的な関係ではないことを肯定されたことから、互いに安心したのをよく覚えています。

その女友達と一緒に寝ていると、不思議と性欲が駆り立てられるようなことはありません。
いままで他の女友達と添い寝をしたことが数度ありましたが、手を出してしまいました。
しかしその女友達にはそんなことが起きなかったことから、正真正銘のソフレと認定できます。

ただその背景になるのが、友達としての関係を壊したくないという想いがあったのかもしれません。
女友達の方はどんな風に考えているのかは知りませんが、こちらとしては友達としての関係を壊したくない、一緒に寝ることによって寂しさを紛らわすことができるメリットに執着した結果、手を出さない結末に至ったと感じています。
数年近く続いた結果、互いに好きな人ができてソフレの関係はふたりで話し合いの結果、解消しました。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。