宮城でソフレ
戦国時代の名将である伊達政宗を輩出した県であることから、歴史的建造物が多い特徴を持っているのが宮城です。
東北のなかでも都会のように見えますが、松島や秋保大滝といった大自然にも触れることができます。
東北のなかでも都会という点において、宮城でソフレは見つけやすい環境になるかもしれません。

ソフレが欲しいなら宮城の県民性を頭に入れておこう

自分が正しいと他人の意見に耳を傾けるような余裕がないのが宮城の男性です。
しかし頑固と断言できるわけではなく、人当たりも良い特徴を持っています。
宮城の女性は、おおやかでのんびりとしています。それでも積極性があり、仲良くなれば家族同様に包み込んでしまうような包容力を持っています。
気遣いがうまい女性が多いのが特徴です。

実はこのような県民性は宮城でソフレを作るとき、大いに貢献をすることがあります。
添い寝フレンドを作るときはまずアプローチから行い、その後どんな関係になるのかを予測しておかないとうまくいきません。
そのためにこの県民性というのは、とても役立つことがあります。

宮城県民をソフレにするために男女別アプローチ方法

ソフレ希望者の多くが女性であることが多いです。
恋人のような関係ではなく、ただ寂しさを紛らわせ、安心感を得ようとするために求める関係です。
逆に男性はセフレへの段階として考えていることも。
セフレとしての関係を希望している男性もいることから、女性はその判別に気を付けなければいけません。
確かに女性のような目的を持ってソフレを探している男性もいますが、これを前提としてアプローチをしましょう。

女性が誘う場合は、まずセフレへの段階として見ていない男性を見極める必要があります。
だからこそ仲良くなるのがスタートです。
宮城の男性は自分を通す男性が多いけれど人当たりが良いというのは、ソフレに対する理解力を持っていればスムーズな関係を築くことができる可能性があります。
その見極めをするために仲良くなることからスタートしましょう。

男性であれば、宮城の女性が持つおおらかさに期待するべきです。
そのためにソフレを求めているような女性を探すのが手っ取り早い。
恋人がいなくて寂しいような女性はそのポテンシャルを持っています。
意外とスムーズにソフレの関係に持ち込むこともできるでしょう。
ただそれ以上の関係を求めるようになる女性もいることから、添い寝フレンドというのは、男女関係なくどこまでもリスクは付きまといます。

宮城の人がソフレになるとどんな感じ?

女性はそのまま安心感を得て、自分が希望するソフレの世界に没頭できる人が多いです。
おおらかで気遣いができるからこそ、その関係の意味を理解し、それ以上の関係にはみ出さないようにして振る舞うことになります。
ただし気遣いができるからこそ、その後恋人としての関係を求めるようなこともあり得ます。

宮城の男性は、添い寝フレンドの意味をしっかり理解していれば、誠実な県民性からソフレに手を出すようなことは少ないです。
どちらかといえば男性の方が、ソフレのルールを厳守して、その世界観に没頭することが多いのが宮城の特徴といえるでしょう。
関係になってしまえば、はみ出さない努力をしてくれる貴重な男性の存在が宮城の特徴です。

手を出したいけれど出せなくなるほどハマったソフレ|宮城のソフレ体験談

一緒に女性と寝ることになりますので、セフレの一歩前のステップとして見ていたのがソフレでした。
しかし関係となった女の子は、添い寝をすることしか興味がありません。
ベッドの中でハグをしたり、腕枕を要求されるようなことがあり、そんなときこそ、そのまま襲ってしまいたくなる衝動に駆られることもありましたが、彼女の安心しきっている顔を見ると、必死こらえました。

この関係を壊したくない。
この想いだけでソフレを続けていたような気がします。
しかしこちらとしても、一緒に寝るのはやはり気持ちが良いものです。
恋人はいないけれど、そばで異性と一緒に話をしながらそのまま眠りに付くことは、案外と安眠をもたらすもの。
朝起きれば、一緒に朝食を食べる。
そんな関係が恋人以外でもできるというのが、この関係の良さと感じました。

互いに異性に対する話や恋についても語り合うことができます。
セフレになってしまえば、そんな話は空虚なものです。
一線を越えることがないからこそ、恋愛の話についても踏み込むことができる。
添い寝フレンドというのは、究極の男女間の友情のように感じました。
この関係が持つメリットを見出すことができたからこそ、性欲に駆られることが多い自分であっても、関係を維持することができたと思います。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。