神戸でソフレ
姫路セントラルパークやハーバーランドなど娯楽施設があるのが兵庫県です。
世界遺産にも登録された姫路城は、多くの観光客が訪れている名スポットになっています。
神戸にはポートアイランドもあり、散歩はもちろんグルメも楽しめる地域になっています。
そんな兵庫で添い寝フレンドを見つける効果的な手段として、県民性に着目をすることをおすすめします。

兵庫(神戸)の県民性がソフレゲットに繋がる

地域によって県民性が異なってくることがありますが、兵庫県全体としてみると、関西の気質から明るい人が多い特徴を持っています。
男性はイケメンが多く、女性はファッションで自己主張をする傾向が高いです。
特に神戸ではそのような特徴が強く見られています。

このような県民性こそ、ソフレゲットに効果的になることも。
無鉄砲で相手を見つけるよりも、対象の出身に目を付け、その県民性から動くと、効果的にソフレを見つけやすくなります。

セフレと違うとどんなに主張しても、一緒に寝るということはそれだけでもハードルが高くなります。
だからこそ県民性に着目をして、その地域が持っている特性を上手くつくことでハードルを下げることが可能です。

兵庫の(神戸)の県民性をおさえてソフレに誘うと効果的

神戸の街を作ってきたように、男女共通して言えるのは新しいもの好きの性格を持っていることです。
いわばソフレも新しい男女間の関係になっていますので、神戸の人も受け入れてもらえる可能性があります。
しかもセフレとは異なり、体の関係が一切ないことから、ハードルは若干低くなるでしょう。ここに付け込むようにしましょう。

イケメンが多いのが兵庫や神戸の特徴になりますので、女性はソフレに出来れば満足することができるでしょう。
ただし活発的な特徴を持っているのが神戸男子の特徴です。
添い寝をしている最中に手を出すことがない草食系男子を捕まえる必要があります。
誘い方としては、大人しい男子に標準を当てるようにしましょう。

男性はまず自ら手を出さないことを、自分自身で誓うことがスタートです。
それによって新しいもの好きである神戸女子がソフレに興味を持ったときこそ、付け入る隙が生まれるでしょう。
下心がないことをまず公言してください。

兵庫(神戸)の人はソフレになるとこうなる

女性は外見を飾り派手さを持っていますが、いざ家庭に入ると落ち着く人が多いです。
ソフレ自体が恋人になるわけではありませんので、その特性に該当するわけではありませんが、それでもソフレ相手である男性が誠実であれば、長く続く可能性が高くなるでしょう。

男性は活発的でもありますので、実はソフレの延長でセフレとして狙っている可能性もあります。
どんなに下心がないことを表明したとしても、一緒に寝てしまえばどうなるのかはわかりません。
よって女性は気を付けておくべきです。
これは兵庫・神戸だから指摘できることではなく、全国共通して言えます。

ソフレを求めているのは圧倒的に女性の方が多いですので、この問題については警戒をしておきましょう。
そのまま流されてソフレから発展してしまうケースも多く、そうなってしまった場合この関係は破綻してしまいます。
男女が同じ部屋に一緒にいるということは、一線を超える可能性が高まることを十分理解しておくべきです。

女の子の甘い香りに包まれて眠ることができる|神戸のソフレ体験談

男性としてソフレを持つことのメリットは、女の子の甘い香りを感じながら眠りに付くことができる点です。
お風呂上りは特に良い匂いがしますので、それだけで安心することができます。

相手の方も慣れてくると、キャミソールで寝ることから、そこからもれる胸の谷間にドキっとさせられることはありますが、あくまでもソフレです。
触りたくなる衝動を抑えつつ、それを眺めるのも精神の鍛錬、もはや修行の域に達しており、男性としての理性を試されているような感覚に陥ります。

他の女の子と付き合うことに疲れたようなときにこそ、ソフレの存在は偉大です。
たまたま女友達がいて、僕に対して信頼をしていることから添い寝をし始めて、いまに至っています。
相手の信頼があるからこそ、続けられる関係であることは、女の子の態度から感じ取ることができます。

どちらにしても僕のことを男として見ていない感覚は、少々残念な気持ちにさせられることもありますが、ソフレというメリットを最大限に感じることができていますので、それそれで良い関係を築けていることになるのでしょう。
僕がソフレから得た教訓は、相手の理解よりも、男性側の強くはっきりとした理性が求められる関係のように感じます。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。