鹿児島でソフレ
そこまで娯楽観光施設が多い県ではないのが鹿児島ですが自然豊かな地であり、それに伴う観光スポットが多いです。
屋久島や奄美大島は時に沖縄と勘違いされることも多いですが、鹿児島が所有する有名な観光スポットであり、夏以外でも楽しめる地域になっています。
そんな鹿児島で添い寝フレンドであるソフレの作り方を見ていきましょう。

第一にソフレの定義を知る

一緒に寝るのが添い寝フレンドの定義になります。
寝るだけが目的であり、セックスをしない関係と認識してください。
ハグくらいはOKとされるくらいで、後は互いに話をしながら一緒に寝て安心感を得るのが目的となっています。
一緒に寝ることから誰でも良いわけではありません。
ただソフレになることで得られる安心感は、代えがたいものがありますので、体験したいのであればソフレを見つける必要があります。

県民性からわかる鹿児島のセフレポテンシャル

鹿児島の男性は男らしく女性を引っ張っていくタイプな人が多いです。
時にそれは男尊女卑のように指摘されることもありますが、基本優しいという点は外すことができません。
女性はそんな鹿児島男子の後をついていくタイプであり、おとなしい特徴を持っています。
しかし芯がしっかりしているのが特徴。
気遣いもできるけれど、譲れないところははっきり主張するタイプが多いです。

主に添い寝フレンドを求めているのは女性であることが多いことから、頼まれてしまえば断わりにくいのも鹿児島男子。
逆に女性は譲れない部分は死守しますので、「添い寝なんて不純」といった意志を持っていれば、攻略するのが難しくなると考えられます。

男女別ソフレにこんな風に誘うと効果的

女性が男性を誘うときは、まずその延長線上にセックスがないことを再確認しておくべきです。
男らしい県民性を持っているというのは、全面的に男を押し出してくることも予想されます。
「一緒に寝るということはそういうこと」ととらえられることもありますので、ソフレに理解がある男性を見つける必要があるのが女性です。

男性が女性を誘う場合、おとなしいように見えることから攻略は簡単そうに見えますが、芯がしっかりしていますので、困難な状況に陥ることも考えられます。
下心がないこと、ソフレのメリットを互いに共有できることをアピールする必要があるでしょう。
鹿児島の県民性からみると、女性の攻略は全国的にも少々難しいように感じます。

鹿児島県民のソフレになったときに起こる男女別の特徴

鹿児島の男性はソフレに対して理解があったとしても、一緒に寝ることによって事故が起きることもあります。
女性の同意があれば、そのまま流れで一線を超えてしまうことも十分考えられます。

一方、女性の方はソフレという環境を楽しむこともできますが、男性の後をついていくという点から見てみると、そのまま恋に落ちてしまうようなことも考えられるでしょう。
よって鹿児島の男女それぞれ、本気になってしまうこともあり得る県民性といえます。
ソフレというものはどのようなものであるのかを再認識し、そのメリットを互いに共有することができなければ、流されてしまいそうな県民性を持っているのが鹿児島です。

鹿児島のソフレ体験談

同じ大学に通うと男子とソフレの関係になりました。
きっかけは夜遅くまで相手の部屋で話していて、眠くなったことから彼の方から「こっちにおいで」と誘われたのがきっかけです。
それなりに何度か体験をしていますので、そういうことになるだろうという予感はあり、その覚悟を持って彼が待つベッドに潜りこみましたが、ただ一緒に寝るだけでした。

やっぱり男性と一緒に寝るというのは、安心感をもたらします。
その関係が数度続くようになり、わたしもその状況を楽しんでいました。
しかしやっぱり男女が一緒に寝るというのは、そういうことが起きてしまいます。

彼も彼女がいないことから欲求不満もあったのでしょう。
男友達と認識していたわたしにとって少しショックでしたが、わたしを女と見ていたこともわかったことから複雑な感情でした。
しかし拒否する理由もなくそのまま関係を持ってしまいました。

一度そういう関係になると、もうソフレに戻ることはできません。何度かセックスをし、もう会うのをやめました。
わたしとしては彼とセックスすることで満たされる部分もありましたが、一線を越えてしまうというのはもう彼を信頼することができないことになります。
そのまま友人関係は終わりましたが、ソフレ自体は否定されるものではありません。
それなりに楽しい経験でした。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。