福島でソフレ
娯楽施設がそれほど多くはないのが福島の特徴になっていますが、歴史情緒あふれる街並みがこの県の魅力になっています。
特に大内宿は観光で訪れるなら、見ておきたいスポットです。
グルメも堪能することができますので、きっと楽しめる観光スポットになるでしょう。
そんな福島でソフレをつくるきっかけを県民性から見ていきます。

保守的で結婚が早い県民性

歴史が物語っているように、保守的な県民性として男女共通しています。
男性は気配りができ優しい性格であることから、女性にもそれを用いり、時には勘違いさせてしまうことも。
女性は愛想が良いことで知られています。
東北独特な地味っぽさが抜けないところもあり、そんなところを女性自身は欠点として認識することもありますが、男性にしてみればかわいらしい一面として見られることも。
このような福島の県民性がソフレを作るときに良いヒントになることがあります。

じっくり関係を築くからこそソフレに向いている県民性

保守的な性格をしているのが福島の男女ですので、ワンナイトラブといった一晩限りのような関係は少ない特徴を持っています。
よって「添い寝をする友達」という関係であるソフレなど、かすりもしないと考える人がいるでしょうが、この関係はただ一緒に寝るだけで、それ以上が起きることはありません。

異性がいない寂しさを紛らわすことができないこともあるでしょう。
そんなときに手っ取り早い解消方法になるのが、恋人でもないけれど一緒に添い寝をしてくれる相手。
そばに人が寝ているだけでぐっすり眠れる人も多いです。
特に女性にこそ、重宝される存在になることから、保守的な県民性を持つ福島の男性は、絶好の相手として見ることができるでしょう。

ソフレから発展するようなこともある

ただしひとつだけ注意をしてほしいことがあります。
男女が添い寝をするということは、それだけ何かが起きることを予感させられるものです。
恋人は欲しいけれど、まだそんな関係ではなく、ただソフレが欲しいという人にとっては、その後の発展にも期待することができるでしょう。
本来の道に外れたかたちになりますが、期待を持つことも可能です。

福島県民をソフレにする男女別のアプローチ

女性は気になる男性に対して、積極的にアプローチすると良いでしょう。
しかし添い寝をする関係であることを強調して釘を刺してください。
それ以上はご法度です。
男性がアプローチをする場合は警戒をされますので、まずは信頼関係を築くことが必要です。
いきなりソフレに持ち込むようなことになれば、「セフレ」と勘違いされ拒絶されるようなことも。

一時的な関係になるか?それとも発展?

ほとんどのソフレは一時的な関係になり、そのまま終了をするのか?それとも一線を越えて終了をするのか?そして恋人になるのか?この選択肢しかありません。
どちらを選ぶのかは本人次第になりますが、あまり結末を予想せずに、この関係を純粋に楽しむと良いでしょう。

ただし恋人との関係を意識している人であれば、添い寝中にアプローチを掛けることによって、相手を本気にさせることもできます。
福島は結婚が早い地域ですので、一度そんな関係になると、そのまま結婚っていうこともあり得ない話ではありません。

添い寝する存在としてしか見られないことの複雑な感情

大学で知り合った普通の男友達でした。部屋で夜通し話したり、ドライブをするような関係でした。
夜通し遊ぶことから、必然的にどちらかの部屋で眠くなってしまうこともあり、いつの間にかそのままベッドに一緒に潜り込んでしまうように、ソフレとしての関係が始まったのがきっかけです。

やはり添い寝をしていることから、こちらも少しずつ意識をし始めています。
まだ意識があり一緒に寝ている最中、腕枕を要求したりしてアピールしてみるのですが、ただ腕枕をするだけでその後に何かが起きるようなことはありません。
こちらは完全に意識をしているのに、相手にはそれが伝わっていないのは、とてももどかしい状況でした。

ただ「一緒に寝ていると落ち着く」というのはとても嬉しかったです。
特に体を求められているわけでもなく、精神的な安らぎを彼に与えていることができているだけでも、私にとってはうれしかったです。
ソフレの関係はそう長く続かず、いつの間には自然消滅をしてしまいました。
相手にも彼女ができ、それで吹っ切れて私にも彼氏ができました。
結局このまま何もなかった関係で良かったと思います。複雑な男女の関係を体験しました。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。