ソフレ関係に対する男の本音
「ソフレ」が女性や一部の男性の間で、新しいタイプの男女の関係として認知されています。しかし、セックス無しの「添い寝」など、理解できないという男性が多いのが実情です。ここでは、「ソフレ」についての男性の本音を紹介していきましょう。

男性の大多数はソフレに半信半疑?

あるアンケートで、「ソフレは男女の関係として成り立つか?」という質問に対して、ほぼ8割の人が「あり得ない」と答えています。彼らからすれば、同じベッドや布団に入りながら、セックス無し!という状況は考えられないということです。

彼らの意見としては、「男にとってメリットがあるの?」「添い寝だけなんて男には無理…」「ハッキリいって手を出さない自信がない」などの手厳しいものが目立ちます。ほぼ8割の人が、「添い寝だけ…」という関係に半信半疑だということです。

ソフレ肯定派の男性はどう考えているの?

では、現在「ソフレ」がいる。または、肯定的な男性の意見も気になるところです。肯定派の人は、彼女持ちや既婚者が多いようです。そのため、セックスに不自由していないので、添い寝を気分転換や精神安定を目的にしています。

それでは、彼らの意見を見てみましょう。「寂しさを紛らわすことができる」「お互いにパートナーがいるからこそ成り立つ」「セックスだけがすべてじゃない」などの意見がありました。どちらにしても、下心があったら無理かもしれません。

ソフレの男性に本当に下心はないの?

現在、「ソフレ」のいる男性に下心が全くないか?と言えば、そんなことはありません。もちろん、男性ですから本音では「セフレに昇格したい…」と思っている人も少なからずいるハズです。それが、健全な男と言えるかもしれません。

しかし、中には純粋に安らぎや癒しを女性との添い寝の中に、見出している人もいないわけではありません。また、相手のことを性の対象にしていない場合など、たとえば、以前からの知り合いで妹のような感覚なら下心もありません。

男性にとってソフレのメリットを考える!

「添い寝」を肯定する男性も、メリットがなければ「ソフレ」を持つことはありません。先ほど説明した通り、気分転換や精神安定は最大のメリットになります。ここでは、もうちょっと詳しく男性のメリットを考えましょう。

恋人や夫婦はいいこともありますが、気を遣ったり揉めることもあります。そこを乗り越えるのが楽しいのですが、そこがたまらなくストレスに感じる人もいるのです。ところが、「ソフレ」なら現実的な快適さだけを求めることができます。

女性にとってソフレのメリットを考える!

では、女性にとって「ソフレ」のメリットはどこにあるのかも考えてみましょう。ほぼ男性と同じと考えていいですね。気分転換や精神安定、現実的な快適さだけを求めるところは同じですが、セックスが絡まないだけに心配ごとがありません。

たとえば、セックスが絡まないので妊娠を心配する必要がありません。また、お互いの勘違いから「セフレ」か「恋人」かで揉めることもありません。そして、関係を解消するときも、安全に別れられるので恐い思いをすることがありません。

ソフレを探すときは相手の本音をしっかり見極めること!

男性でも女性でも「ソフレ」を探すときは、相手の本音をしっかりと引き出して見極めることが大事です。男性の場合は、「絶対に手を出さない」という自信がない場合、遠慮した方がいいかもしれません。

男の下心は別に恥ずかしいことではなく、「女の子とエッチしたい」と考えるのはごく普通のことですし、8割の男性の本音です。ただし、現実的な快適さだけを求める「ソフレ」としては向かないかもしれません。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。