ソフレとのスキンシップ
「ソフレ」とはその名の通り、本当に添い寝だけで済むのか?気になる人も多いと思います。お互いが、ルールを決めているカップルも多いのです。ここでは、「ソフレ」のルールやボディタッチは、どこまでOKかを紹介していきましょう。

ソフレでいう添い寝の定義とは?

「ソフレ」についてみなさんが気になるのは、「ボディタッチはどこまでOK?」ということだと思います。キス?手を繋ぐ?服の上から体を触る?など、お互いにどこまでOKするかは、最初にお互いに決めるしかないということです。

基本的に添い寝というのは、同じベッドや布団などで寄り添って眠ることを指します。一般的には赤ちゃんや幼児などを寝かしつける際に、母親(大人)が隣で寄り添うことを言います。「ソフレ」の場合は、お互いが安心感を得るためにベッドを共にすることで、体の関係(セックス)は持ちません。

セックスは無しだけどボディタッチはどこまでOK?

基本的には「添い寝フレンド」ですからセックスは絡みません。それが、セックスだけを目的とした「セフレ」との違いです。中には、体を一切触ることのないカップルもあるようですが、安心感を得るためにも軽いボディタッチくらいはあったほうがいいですね。

「ソフレ」のカップルの中には、恋人のいる人や既婚者も存在します。そんな人たちは、罪悪感が芽生えない程度の、ボディタッチなら問題ないと考えています。一概に「こうしなさい!」という決まりはありません。

他のソフレカップルはどうしているの?

先ほど、「こうしなさい!」という決まりがないことは説明しました。「ソフレ」に関しては、カップルになる前にお互いの譲れない一線を話して、ルール作りをしておくのが無難です。
たとえば、似ているようでも「抱きつく」と「ハグ」は全然違うので、トラブルを避ける上でもルール作りをしておきましょう。

ほとんどのカップルでセーフなのが、くっついて寝る、ハグ、手を繋ぐ、といったところです。たとえば、アプリなどで知り合った人たちと、以前から知り合いだった人たちでは親密度が違うので、ストライクゾーンを徐々に広げていくのもアリです。しかし、体の関係を連想させるようなボディタッチはいただけません。

男女の仲だけに突発的なことも起きてしまう!

男女が近い距離で、しかも同じベッドの上で寝ていますから、突発的なことも起きてしまうこともあります。たとえば、キスをしてしまうなどですが、スキンシップの延長と考えればそれ以上には進まないことがほとんどです。

それは、下心がない関係であれば、たいしたことではないと考えるカップルがほとんどです。「ソフレ」を求める人たちは、安心感や癒しを求めているので、体の関係になることは考えていません。彼らはせっかくの「いい関係」を、わざわざ壊したくはないのです。

ソフレ持ちの男女が考えるいい関係とは?

恋人がいる人や既婚者の場合は、相手を思いやったり傷つけたりしないような考慮が必要です。しかし、「ソフレ」ならそんな気は遣わないで済むし、嫌なら関係を解消できるお手軽な仲です。しかも、ぬくもりを感じられる居心地のよさが、彼らにとっての「いい関係」なのです。

「ソフレ」なら、お互いの都合に合わせて会うこともできます。そして、プライバシーに干渉することを嫌う者同士ですから、ちょうどいい距離感で会うことができます。おまけに、触るなどのボディタッチから異性同士のドキドキ感も味わえますから、「いい関係」を保つことができます。

ソフレにとってルール内のボディタッチは全然アリです!

「手をつなぐ」や「ハグ」などのスキンシップが、「セフレ」に発展するケースが無いとは言い切れません。しかし、「ソフレ」に関しては分別のある「大人の関係」だと理解するといいでしょう。

そのため、「恋愛感情は持たない」「アルコールが入っているときは会わない」などのルールがあれば、ある程度のボディタッチで関係が壊れることはありません。お互いが、体の関係に発展しないという自信があれば、「ハグ」や「キス」は「いい関係」を保つ手段と考えてもOKですね。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。