日常生活の中でソフレを探す
「ソフレ」は添い寝をするだけの、セックスが絡まない男女の新しい関係として脚光を浴びています。しかし、どうやって相手を探せばいいのか分からない人も多いでしょう。ここでは、普段の生活の中でソフレを作る方法を紹介していきましょう。

日常の生活の中にいるかもしれないソフレ候補!

日々の生活の中で交流のある異性は、意外とたくさんいるものです。男友達や女友達、異性の親友、職場や学校の同期や先輩、後輩など、考えてみれば候補になりそうな人はいくらでもいるハズです。

現在、ソフレ持ちの人の中には、元カレや元カノと仲良く添い寝を楽しんでいる人も少なくありません。このように、日常や過去の繋がりからセックスなしの関係を楽しむことも十分に可能です。

異性の友達から候補を探してみよう

まずは、異性の友達に目を向けてみましょう。どんな人にも、異性の友達の何人かはいるでしょう。飲み友達やサークルでの仲間など、恋愛感情を持たずにすんで、異性を意識することなく楽しめる人がいいですね。

特に、親友と呼べるような何でも話せて相談し合えるような間柄なら、相談もしやすいですし、関係が成立することだってあります。また、本人だけでなく彼や彼女の友達から「ソフレ」が見つかる場合もあるので、チェックしておきたいところです。

職場の同僚もソフレ候補の可能性アリ!

考えてみれば一日の中で最も長く過ごすのが、職場の同僚ではないでしょうか。そんな職場の同僚にも、よく見てみるとソフレ候補がいるかもしれません。出勤から退社までの生活パターンが同じですから、時間も合わせやすいのが魅力です。

同僚なら仕事の話だけでなく、趣味の話や異性のタイプ、仕事の愚痴まで話題が豊富なので、仲良くなりやすいという利点があります。そして、下手に付き合ったり「セフレになるとマズい」という心理もはたらくので、ブレーキも掛けやすく「ソフレ」には丁度いい関係です。

元カレ元カノはソフレならいい相性かも?

先ほど元カレ元カノで、仲良く添い寝を楽しんでいる人もいることを紹介しました。別れて日が浅ければ考えられないですし、また同じ過ちを犯すことになるかもしれません。しかし、ある程度の年月が経っていれば、いい「ソフレ」候補になります。

一度はお互いの悪いところを知ってしまった仲だけに、恋に深入りすることも確率は低いですね。そして、恋人時代を思い出しての「添い寝」なら、ぎりぎりのボディタッチでも火が付くことはありません。友達としては最高の相性かもしれません。

やっぱりソフレだからこそフィーリングは大事です!

セックスは絡まないのが前提でも、男女の仲ですから相性というか、フィーリングは大事です。あまり気が向かなくても、フィーリングの合う異性なら「あの人の頼みなら…」ということも十分に考えられます。

相性が良ければ、それ以上の進展を望む場合にも有利にはたらくことは間違いありません。「添い寝」だけだからこそ、お互いの信頼関係やフィーリングが最高の状態でないと、長続きすることは難しいと思った方がいいでしょう。

まずは自分の生活圏でのソフレ探しをしてみよう!

最近流行りのアプリや掲示板などで、全く面識がなく繋がりのない「ソフレ」候補を探してみるのも一つの方法ではあります。しかし、お互いのことを知っている者同士の方が、関係も築きやすいのでオススメですし、トラブルにもなりにくいですね。

「今からソフレを…」という人は、自分の生活圏を見回してみましょう。必ず候補になりそうな異性が、何人か思い浮かぶでしょう。そして、自分から「ソフレ」が欲しいことを周りの人にアピールするのもいいですね。必ず、同じ考えの異性が見つかるハズです。

この記事を読んだ方はこちらもあわせて読まれています。